不動産買取を選ぶメリット

不動産買取を選ぶメリット

不動産買取を選ぶメリット 仲介ではなく売り主が不動産買取を選んだときのメリットは、なんといっても素早い現金化が可能なことです。
一般的な仲介と違い買い手を探さないで業者と直接交渉をするので、買い手が出るのを待つ必要もなくて短期間で現金が出来て、ある不動産会社だと最短48時間で行ってくれるところもあります。
不動産買取だと査定金額に納得すればその場で買取金額も確定し、売却時期や引き渡し時期も明確なのでその後の計画も立てやすいです。
仲介のように買い手が出るのを待つ手間もなく、維持費や税金がかかる心配もないのも利点です。
売主と業者が直に取引をするのでネット広告などで宣伝をせず、近所や近隣に知られる心配もなく、仲介のように物件の内覧なども当然ないためその対応に追われることもありません。
売ってから一定期間内に雨漏りなどの不具合がおきたら、通常は売主が修繕費などを負担しますが、買取ならこの瑕疵担保責任や義務を負うこともないので無駄な費用もかかりません。

不動産買取の売り主側のデメリットについて

不動産買取の売り主側のデメリットについて 不動産売却の方法として大きく分けると、不動産業者による不動産買取と仲介の二種類があります。
不動産買取にはスムーズに手放せるなどのメリットもありますが、デメリットに関しても理解しておかなくてはなりません。
売却価格が相場よりも低くなるという点や、希望売却価格を売り主が自らで設定することができないという点が、大きなデメリットとなっています。
不動産会社側は仲介手数料という儲けが発生しないので、その分高く売る必要が出てきます。
そのことにより、仲介に比べると売却価格が低くなり、七割から八割程度の価格でしか買い取ってもらえないケースが大半です。
それ以前に買い取ってくれる不動産会社が少ないことも頭においておくようにしましょう。
買取可能となっている物件はある程度条件があり、それをクリアしていなければ買取対象にはならないケースも珍しくありません。
少しでも早く手放したい人には役立つ方法ですが、高くありたい人には向いていないことも忘れないようにしましょう。

新着情報

◎2022/6/20

情報を更新しました。
>短期間で売却ができる不動産買取のメリットについて
>不動産買取を実践する際には市場価格を調査する
>不動産買取を依頼する時の流れと手順について
>不動産買取では契約不適合責任は免除されるのが一般的
>不動産買取は即時買取可能かどうか気になるところ

◎2021/1/6

不動産買取業者とは
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

不動産買取物件の特徴
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

不動産買取を選ぶメリット
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「不動産 売り主」
に関連するツイート
Twitter

司法書士の仕事は、手続きそのものは誰がやっても同じ。 だけど、実際はそこにとどまらない。 有事の対応力こそが、私たち司法書士の本当の力の見せ所です。 以前あったのは、 不動産売主の本人確認で違和感を感じたり 決済で売主の返済先ノンバンクへの振込1個抜けてたり・・…

不動産売買契約で、署名捺印を終え、仲介さんが書類整理などしてくださるあの時間、微妙な空気ですね… 売主さんの思い出話やご近所づきあいなどを伺ったりはするのですが。藪蛇なことは言えないし。契約内容に「交渉」が色濃ければなおさらでしょう。 ↓

宅建士は不動産取引のプロ。 当事者である売主さんと買主さんが、安全な取引を安心して行えるように仲介するのが仕事です。 特に買主さんは情報弱者なのですから、よりきめ細やかなサポートが、早い段階から必要になるのです。

中古住宅購入は難しい? 中古住宅購入前の下見の付き添いもしています。売主は、この建物の雰囲気が変わる改修をするなら売りたくない。という方でした。購入後の条件付き⁈は初めての経験。条件付きなら不動産情報へ記入してほしいし、購入後どう改修しようと勝手だと思うのですが。不思議でした。

午前中は建物のお引渡し、昼からは新築建物のご契約に同席、その後は豊中市の一戸建てご案内。 今から大阪市内の売主様宅に訪問、夜は事務所でリノベーション打合せです。